バイクを売却したときに軽自動車税の還付は?

バイクを持っていると毎年4月1日時点でのバイクの所有者に対して軽自動車税の納付の義務があります。
これはバイクを所有している限り納付しなければなりません。

では、バイクを売却したときに納付したバイクに対する軽自動車税の還付はあるのか?
自動車の場合は自動車税を納付した後に売却したら還付がありますよね。

結論を言いますと、軽自動車税自体は年の途中でバイクを売却しても還付を受けることは出来ません。
というより還付金がないと考えたほうが良いでしょう。

バイクを売却しても税金の還付がない理由

自動車税は還付があるのに軽自動車税は還付がないなんて矛盾している。
と、思う方もいるかもしれません。

確かに矛盾している話ではあるのです。
矛盾しているにも関わらず、バイクの売却で軽自動車税の還付がない理由は役所の手間の問題であることが考えられます。

どういうことかというと、軽自動車税は年に一度納付するものであるため、自動車税と同じく納付する金額は1年分であると考えるのが妥当な考えであります。
しかし、軽自動車税は自動車税と比べて金額的に少額な税金です。

そのため、自動車税と比べると重要性が低いと考えられて、還付を行わないように制度が定められているものと考えられます。
税法や会計の中では金額の少額のものに関しては簡便的な処理が許されるのが古くからの慣習になっています。

そういった会計慣行に乗っ取ってこのような制度になっているものと思われます。

そのため、バイクを売却する際に気を付けなければならないのは、3月中に売却してしまうことです。
4月1日時点の所有者に軽自動車税は課されるわけですので、3月中に売却して、名義変更の手続きが完了しているのならその年のバイクに関わる軽自動車税は納付する義務はありません。

また、3月というのは一般的にバイクが高い金額で売却出来る時期といわれているようです。
新生活に備えてバイクを購入する方、春休みや少し先のゴールデンウィークに備えてバイクの購入をしようとする方が多いため、少しでも多くのバイクを見せも欲しがるのです。

バイクが欲しいという需要が高まるため、販売店も通常よりも高い値段で売ることが出来、販売価格が高くできる分中古バイクの売却価格も高く出せるため、バイクを売却しようとしている方にとってはとても好ましい状況が整います。

そういった意味では、2月、3月の状況で所有しているバイクを売却しようか迷っている状況の時はひとまず査定してもらうのがおすすめの選択肢です。

査定は無料で行ってもらえますし、より詳しく知りたい方は出張買取に来てもらうという選択肢もあります。
出張買取も査定してもらったバイクは必ず売却しなければならないということもありませんし、出張にも無料で来てもらうことが可能です。

こちらにおすすめの買取店があります。
業者によっては連絡先などの個人情報なしで査定を依頼できる業者もありますので、電話がかかっているのが嫌だな、と思っている方にもおすすめです。

こちらで業者を紹介しています。

こちら → バイク売却

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする