バイク売却 ETC

バイクを売却したい、と思っている方の中にETCが取り付けられているバイクを売却しようと思っている方もいるのではないかと思います。

もし、ETC搭載のバイクを売却しようとするときは何か手続きすベきことがあるのか?
今回はその点についてのお話になります。

ETC搭載バイクを売却する場合の手続き

実はETC搭載の四輪車を売却する場合とは異なり、ETC搭載型のバイクを売却する場合には二輪車ETC登録事務局に連絡をして登録解除変更手続きが必要になります。

四輪車の場合にはこれといった手続きは不要なのですが、バイクのような二輪車だけは登録解除変更手続きが必要になりますので、その点は注意していただければと思います。

登録解除変更手続きのタイミングですが、調べてみたら電話での問い合わせのみになっていますので、手放すことを決めた時点で問い合わせをしてみたほうが良いでしょう。

本来はどこに売るかを決めた後に手続きをしたいところですが、バイクを売る際には買取店の査定担当者に査定に出したらその時点で売ることが出来てしまいますので、査定してもらった後に手続きをしよう、となれば手遅れになる可能性があります。

また、ETCを取り付けたまま売却することになるのか?
それとも自分で取り外すことになるのかは売却先に問い合わせたほうが良いでしょう。

ETCが搭載されていることで売却価格にどのような影響があるかは聞いてみなければ分かりませんし、取り外すのも手間になるので、とりあえずは取り付けたままどこに売るかを決めて、その際に問い合わせるという形です。

ETC搭載バイクの売却先はどこにすべきか?

この場合に一番安心できるのは全国規模で展開している店舗でしょう。
例えるならバイク王などがそれに該当します。

全国規模で展開しているわけですから、当然ながらどこよりも知識、ノウハウを持っている可能性が高いです。
なので、ETCが付いているものについても、取り外すべきか?それともそのままの状態で良いか的確に回答してくれるでしょう。

また、それだけでなく単純に高価買取のノウハウを持っているという理由もあります。
規模を大きくすることが出来た理由の一つが、他よりも高い金額で買い取ってもきちんと利益を出してきた、という実績があるからで、買取と販売のどちらかが成り立たなかったら全国規模で展開することなど出来なかったはずです。

やはり、売る以上は高い金額で売りたいと思いますので、おすすめです。

まとめ

ETC搭載のバイクを売却する時は

・二輪車ETC登録事務局に連絡をして登録解除変更手続きをする。

・ETC機器を取り外すべきか?そのままにしても良いかは売却先に事前に問い合わせをしておく

売却先の候補に関してはこちらにおすすめ先を紹介しています。
いずれも確かな買取ノウハウを持っていることと思われますので、興味のある方は見てみると良いかもしれません。

こちら → バイク売却

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする