バイク売却 任意保険

バイクの売却の際に考えておかなければならないのは、任意保険制度についてです。
バイクを所有してから任意保険に加入し続けている方も大勢いるでしょうが、バイクを売却し、手元からバイクがなくなるのならば、保険の解約手続きをする必要が有ります。

バイクの売却をしたときの任意保険の解約は早い方が良い?

バイクを売却したときは早めに任意保険の解約手続きをした方が良いと言われています。
理由は解約返戻金がもらえる可能性があるからです。

解約返戻金はいわゆる未経過部分に相当する金額なので、1年分を一括で払っている場合などに生じる可能性があります。
なので、手続きを後にすればするほど解約返戻金の額が減ってきますので、手続きは早めにした方が良いという理由はそういったところにあります。

ただ、今後もバイクに乗る可能性があって、もう少し待てば等級上がるといった場合は待った方が良い可能性もあるので、そういった場合に該当する時はどちらがお得になるのか考えたほうが良いでしょう。

バイク売却時の任意保険の解約手続き

任意保険の解約手続きをする際は保険会社に連絡することになります。
会社によって手続き方法は異なることになると思われますが、手軽なところだとメールと書類のやり取りで終わるようです。

その際は解約理由(今回のような理由の場合は「売却」)などを書類に記載することになります。

この解除手続きが必要な方は基本的には今後バイクに乗る予定のない方です。
一人暮らしでバイクを足で使っていた方が、結婚して家族を車に乗せるようになったので今後はバイクに乗る予定がない、といった場合が該当するのではないでしょうか?

一方売却して、買替で今後も乗る予定はあるが、新車購入までの間にタイムラグがあって一時的に所有していない期間があるだけの方は中段手続きをすることをおすすめします。

中断手続きはバイク保険の等級を保管することが出来る制度なので、無事故で等級が良くなってきた中でバイクを売却することになった、という方にとってはうってつけの制度といえます。

中断制度を利用すれば保険の等級を10年間保管することが出来ます。
中断する時は中断証明書を発行することになります。

バイク売却 任意保険 まとめ

・バイクを売却する際に任意保険を解約すると解約返戻金をもらえる可能性がある。

・解約手続きは今後バイクに乗る予定のない方が行う

・バイクを売却して10年以内にまたバイクに乗る可能性がある時は中段手続きを行って保険の等級を保管する

このようになります。
任意保険の解約自体はそこまで手間にはならないでしょうから、まずは、バイクを良い値段で買い取ってくれるところを探すと良いでしょう。

バイク売却ランキングはこちらをクリック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする