バイク売却 必要書類 印鑑証明は不要?

バイク売却時の必要書類について。
車などの売却の時には印鑑証明を2通、などと言われたりします。

しかし、バイク売却時の書類などを業者のホームページで確認してみると

車検証※ 250cc以下は軽自動車届出済証、125cc以下は標識交付書をご用意ください。
自賠責保険証
印鑑
身分証明書※ 写真入住基カード(写真入に限る)/運転免許証/保険証/パスポート のいずれか

と、このような感じになっていて、印鑑証明の「い」の字も出てきません。
果たして印鑑証明は売却時の必要書類には該当しないのか?

調べてみたところ、印鑑証明はバイクを売却する際の必要書類ではありません。
なので、印鑑証明を取る必要は無いのです。

印鑑証明がバイク売却時の必要書類でない理由

車を売却する際に印鑑証明が必要な理由は以下の2つです。

・名義変更

・自動車税の還付委任状

名義変更は自動車の場合は印鑑証明を用意し、更に実印も用意することで名義変更の手続きが完了するのですが、軽自動車や還付の場合には印鑑証明ではなく、写真入りの身分証明でOKという簡潔な手続きで名義変更津続きが完了します。

おそらく通常の自動車よりも大きな金額が動かないことから、処理を簡潔にしていいということなのでしょうね。

確かに1万円くらいの売却価格のバイクに印鑑証明2通とかなると
「面倒だからやっぱり売る話は無しで良いです」とい言われかねないですからね。
そういった事情も考量して名義変更の際には印鑑証明は不要なのでしょう。

そして、印鑑証明が不要ということなので、手続きの際に必要になる印鑑は認印で良いということになります。

つまり実印不要ということです。

さすがにシャチハタだと時間が経つと消えたりするのでよろしくないですが。
なので、実印以外の認印を用意しておきましょう。

あまり大きな声では言えませんが、もし認印がないときは、100円ショップで認印を買ってくるという手もあります。

そして、次は還付委任状の件です。

自動車を売ると、一年分納税していた自動車税の還付があります。
その還付金の受け取り窓口を買取店にするために
「私はこのお店を還付金の受け取り窓口にするので、このお店に還付金の受け取りを委任します。」
という内容の委任状になります。

しかし、軽自動車やバイクには自動車税の還付がありません。
こちらも金額が小さいので、月割り計算の概念がないからだと思われます。

悪い言い方をしてしまうと、役所が自動車税を返す手間を減らしたいので、金額の僅少な軽自動車などの還付制度はないことにしている、といったところでしょうか。

こういった理由で還付委任状は不要で、それに伴う自動車税も不要なのです。

まとめ

印鑑証明はバイクの売却の際は名義変更、自動車税の還付がないために不要である。
そして、印鑑証明が不要なため、実印も不要で認印で手続きが完了出来る。

ということになります。

自動車よりも少ない手続きで売ることが出来るので、手軽に売れますし、入金も早いのでそこがメリットと考えることが出来ますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする