バイク売却 必要書類 名義違う

バイクを売却したいけど、実は友人名義のバイクだったり、親の代わりにバイクを売却しに行くなどの理由でバイクの名義が自分のものでない、なんてことありませんか?

バイクの名義が自分とは違う場合でも売却をすることが可能です。
では、その場合にはどういったものが必要か?
今回はその点について調べましたので発表します。

バイク売却 必要書類 名義が違う場合

まず、最初にバイクの名義人を確認しておきましょう。
名義人を確認するためにはバイクの車検証又は登録証にかかれている氏名をご確認ください。
そこで自分以外の名前が書かれていたら今回の名義が違う場合に該当することになります。

名義が違う場合には本来の所有者の方から譲り受けたことを証する書類か譲渡証明書・委任状などの書類が必要なようです。

これらの書類はなぜ必要かというと、
名義が異なる場合はバイクを一度自分の名義にしてもらってから売却することになります。
友人のバイクで例えると、売却の際に
友人 → 自分
と、その場で名義変更をし、売却後に
自分 → 買取店
へと名義変更を行うのです。

なぜこのような面倒な書類のやり取りが必要になるかというと、この手続きをしないと税金面で面倒な話になる可能性があります。

どういうことか?
もし、友人の名義のままバイクを売却し、その代金を自分がもらったということになると

友人 → 売却額次第でバイクの売却による所得税の確定申告を行う。

自分 → 売却金額相当額を友人から贈与を受けた金銭と取り扱われ、贈与税の課税対象となる。

このようなことが想定されてしますのです。
流石にその時に「あの店悪い」と店側としては責任を取るわけにはいかないので、このようにきっちりとしたやり取りがあるのでしょう。

逆に言うと、このようなやり取りが行われない店舗は何か問題があるかもしれません。

先ほどのケースは友人の場合でした。
他にも親のバイクを子どもが代わりに売却に行く場合もあるかもしれません。
その時に想定されるケースの一つが相続です。

親が亡くなってしまい、誰もバイクに乗らないので売却する、といった場合です。
そのような場合問題点の一つが先ほどの譲渡証明書や委任状の委任者が亡くなってしまっているということです。

また、気を付けなくてはならない点として、売却手続きは相続でバイクを引き継いだ方が行くことになります。
例えば父親のバイクを母親が引き継いだのに息子が売りに行った、ということになると、母親から息子への売却代金の贈与という話が出てきてしまいます。

そのような時は遺産分割協議書などが必要になることが想定されます。

このように名義人が異なる場合はかなり面倒なことになります。
出来れば売却前に名義が変更出来れば良いですが、出来ない場合は売却する店舗に事前相談した方が良いでしょう。

このような時は大手の方が慣れているので、大手に売却するのがおすすめです。
こちらにおすすめの大手の買取店を紹介しているのでご確認ください。

こちら → バイク売却

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする