バイクを3月31日までに売却したのに軽自動車税の納付書が届いた場合

「バイクを3月31日までに売却すれば軽自動車税はかからないんだ!!」

と、思って3月中にバイクを売却したのに5月になったら売却したバイクの軽自動車税の納付書が届いてしまった・・・。

なんてことはありませんか?

じつはこういったことが時折起こるそうです。
このようなことが起こる理由は単純に役所の不手際や名義変更の手続きが遅れている可能性があります。

では、そのような時はどうすれば良いか?

1、まずは、役所に問い合わせてみましょう。

納税通知書、納付書を見ればどこの役所から送られてきたか?が書いてありますのでその役所に電話をして
・3月31日までに税金の対象となっているバイクを売却している旨
・現時点のバイクの名義はどうなっているのか?(自分から売却先に変わっていないのか?)
を確認した方が良いでしょう

現時点の名義人は守秘義務などの関係上教えてもらえないかもしれませんが。
もし、そこで役所の不備に気が付けば何かしらの処置をしてもらえるかもしれません。

2、次はバイクを売却したところに問い合わせてみましょう

役所に問い合わせて何も変わらなかったら次は売却先に言った方が良いでしょう。
担当者の名前などを覚えているのならばその方に取り継いでもらいましょう。

そこで、バイクの名義変更がいつ行われたのかを聞きましょう。
もし、それが4月1日以後になっていたら自分が軽自動車税の納税義務者ということになってしまいます。

売却したのが3月31日とかでしたら仕方ないのですが
もし、名義変更までに十分な日にちがあったのに名義変更が行われなかった場合、3月中に名義変更が終わると言われたのに名義変更されていなかった場合には売却先に責任があるとも言えるので、負担を申し出るのも一つの手段でしょう。

その時にはバイクを売却した日付などが分かるものを証拠として持参しておきましょう。

このようなケースは起きないのが一番良いので、バイクを売却する際にはマニュアルのしっかりとした大手の買取店で売却した方が良いでしょう。

その際には名義変更はいつまでに終わるのか?
終わったら名義変更が行われたことを証する書類を何かもらえるのか?
きちんと確認した方が良いでしょう。

といっても、大手はマニュアルがしっかりしていると思うので、このようなケースは少ないのだと思いますが。

大手のバイク買取店はこちらのページで紹介しています。
どれも査定してもらうだけなら無料で受け付けていますので、そろそろ売り時だな、と思った方は査定してもらっても良いかもしれませんね。

こちら → バイク売却

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする